「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。

The Japan News    November 17, 2016
Let’s face up to reality of changes in physical ability that accompany aging
This chain of tragic accidents must be broken.

  1. Fatal traffic accidents caused by elderly drivers / have been occurring one after another. / Prime Minister Shinzo Abe instructed relevant Cabinet ministers at a meeting / to consider new countermeasures for preventing such accidents.
  2. As of the end of 2015, / 4.78 million people in Japan aged 75 or older / held a driver’s license. / That figure has doubled over the past 10 years. / It is quite possible that accidents / in which cars become dangerous weapons / will continue to occur in the years ahead.
  3. Self-driving vehicles will likely be / of great help to elderly drivers. / Until such vehicles come into practical use, / we hope carmakers work hard / to improve the performance of automated braking systems / and devices that prevent pedal misapplication.

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. Why have fatal traffic accidents caused by elderly drivers been occurring one after another?

2. What should dementia sufferers do if they live in rural areas where they need a car?
3. Do you think self-driving vehicles will be of great help to elderly drivers within ten years?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

高齢者が引き起こす自動車事故の報道が最近多いですね。アクセルとブレーキの踏み間違いで大惨事になったことも・・・。昔より寿命が延びたことも事故増加の一因かもしれません。

仮に、「ある一定の年齢になったら免許を返納する」と法律で決めた場合、何歳が適当か、という質問に対しては「75歳ぐらい」と答える受講生が主流でした。60歳代はまだ早いし、80歳は身体能力の点から心配、という感覚でしょうか。

ただし、高齢者が公共の交通機関に頼れない過疎地に住んでいる場合は、免許の返納で生活に支障をきたすため、難問ですね。

「地方自治体が無料や低料金の定期券や回数券を発行して、高齢者が日常的にタクシーやバスを利用できるように配慮してはどうか」という貴重なご意見も出ました。

自分で運転しなくていい「自動運転車」の技術が進めば大いに助かりそうですが、少し先になりそうですね。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!