「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・初級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。 

Breaking News   13th December, 2016
Venezuela seizes 4 million toys for its children

  1. The government of Venezuela has seized / nearly 4 million children’s toys / from a toy distributor. / It will give the toys to children / for free or at discounted prices / in time for Christmas. 
  2. The government says / the distributor was unfairly charging high prices for the toys, / which meant / only the richest people could buy them.
  3. Venezuela has one of the highest rates of inflation in the world.
  4. This is the rate at which prices go up. / The IMF says / the rate could be as much as 2,000 per cent in 2017.
  5. Many Venezuelans can’t afford to buy non-essential items like toys. / Even a jar of Nutella can cost / half the monthly minimum salary.
【単語と語句】seize(動)没収する    distributor(名)販売業者     in time for: ~に間に合って     charge(動)請求する    rate(名)率     inflation(名)インフレ      the IMF:国際通貨基金      can’t afford to:~する経済的余裕がない     non-essential(形)必需品ではない     a jar of :一瓶の    Nutella(名)ヌテラ(ヘーゼルナッツ入りのチョコレートスプレッド)  

Questions for Discussion
1. What do you think of the price of toys?
2. Are traditional toys better than today’s computer games?
3. What was the best toy you ever had?

 授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

課題トピックの英文記事はベネズエラ政府とオモチャに関するものでしたが、初級クラスの皆さんにはややカタい内容だったため、授業では日本のオモチャについての印象を英語で自由に語ってもらいました。

当教室では年齢が30~50代の方が多いこともあり、オンライン・ゲームよりも手に取って遊べる従来のオモチャのほうが人気でした。

「祖父母にもらった竹馬(stilts)」「リカちゃん人形」など、子ども時代の思い出のオモチャはさまざま。

リカちゃん人形は、私たちの子ども時代の「女の子のオモチャ」として定番でした。同世代の女性受講生の方と「そういえば、リカちゃんハウスもあったよね~」と話にひとしきり花が咲きました(^^;

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語初級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!