「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・初級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。

Feb 13, 2017  The Japan Times
Actress, 22, reportedly plans to quit show biz, become religious devotee

  1. A young actress who became well-known / after starring in an NHK drama series / plans to effectively retire from show business / so she can devote herself to a religious group called Happy Science, / her agent said Sunday.
  2. The talent agency said / it has not been able to contact Fumika Shimizu / since the 22-year-old actress did work for a TV program / on Feb. 6.
  3. “I was on edge every day … partly because my state of mind did not match my job,” / the actress said in a statement / released through the religious group. / The agency said / it did not force Shimizu to do anything / against her will.
【単語と語句】  show biz(show businessの省略形)芸能界      religious(形)宗教の      devotee(名)信奉者       star(動)主演する      effectively(副)事実上      devote oneself to:~に身をささげる       talent agency:芸能事務所        be on edge:崖っぷちで       force A to B:AにBすることを強要する     against someone’s will:人の意志に反して      self-centered(形)自己中心的な

Questions for Discussion
1. What do you think of Fumika Shimizu’s decision of becoming a religious devotee?
2. Do you think she is self-centered to suddenly decide to retire from show business?
3. Her agency said it did not force her to do anything against her will. Do you believe them?

 授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

22歳の人気女優、清水富美加さんが先日、宗教法人「幸福の科学」に出家するため芸能界を引退すると報じられました。今回の課題トピックは珍しく芸能ネタです。

日本語では「タレント」という言葉で「芸能人」を表しますが、英語では「entertainer」「performer」などの単語を使うほうが一般的です。

「talent」という名詞は元来、「生まれつきの才能・素質」を意味する単語です。カタカナの和製英語と英単語の意味がずれていることが多いので注意しましょう。

清水さんが突然の引退を発表したことについて、受講生の人たちの反応は「I think it’s OK.(特に問題ないと思う)」「She is self-centered.(彼女は勝手だ)」とさまざまです。

中には、清水さんのファンで舞台を見に行った人という方もおられました。「舞台」は「stage」がぴったりの単語ですが、「演技・公演」というニュアンスで「performance」を使うこともできます。

動詞の「見る」のほうはどうでしょう。「look at」「see」「watch」のうちあなたはどれを選びますか。スピーキング練習で受講生がよくつまずく箇所でもあります。

「look at」は「~に方角に注意を向ける」という意味で、「Look at his shoes!(彼の靴を見てよ)」のように使います。

「see」は「自然に目に入る」、「watch」は「動いているものをじっと観察する」となり、「舞台を見に行く」のときは「see」または「watch」を使うのが一般的です。「I went to see her stage.」・・・これでOKです。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語初級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!