「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・初級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。 

NHK World English  January 23, 2017
Case
Welfare fraud
hits record high

  1. Cases of welfare fraud in Japan / hit a record high in the last fiscal year.
  2. Welfare ministry officials say / 43,938 cases / involving the collection of illegal welfare benefits / were identified between April 2015 and March 2016. / That’s up by 917 / from the year before.
  3. 46 percent of the cases / were people not declaring their income from jobs / and 19 percent were failures / to declare pension / 13 percent involved under-reporting of income.
  4. The officials say / the ministry will continue to work closely / with local municipalities / to manage the public welfare system properly.
【単語と語句】  welfare(名)福祉      fraud(名)詐欺       fiscal(形)財政の     Welfare ministry:厚労省       benefit(名)給付金      identify(動)特定する       declare(動)申告する       failure(名)怠ること       pension(名)年金       involve(動)関与させる       under-reporting:過少申告     official(名)担当者      municipality(名)市町村      manage(動)管理する   public(形)公共の      properly(副)適切に

Questions for Discussion
1. Why are cases of welfare fraud increasing?

2. Why do some people try to receive unlawful benefits?
3. Have you ever received unemployment benefits?

 授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

今回の英文記事は短めでしたが、登場する単語が意外と難しかったようです。

「fiscal year」は「財政年度」を表す言葉で、暦の1月~12月ではなく、通常は4月~翌年3月を表します。また、「fiscal(フィスカル)」の発音を「physical(フィズカル)=身体的な」と混同する人が多いので要注意です。

厚生労働省は英語名が長く、「the Ministry of Health, Labour(米国式=Labor) and Welfare」ですが、英字新聞や英語ニュースでは省略形がよく使われます。

この英文記事は福祉に関する話題なので「the welfare ministry」となり、健康や医療がテーマなら「the health ministry」、労働であれば「the labor ministry」と略します。

初級クラス受講生の中では「失業手当(unemployment benefits)」の受給経験者が少なかったですが、ある方の元同僚が「寿退社をしたのに職安で申請し、ちゃっかり給付されていた」とか。

こういうのは「不正受給(welfare fraud)」になるんでしょうけど、発覚しにくいので意外と多いかもしれませんね。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語初級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!