study3ニュース英語サロンでは、受講生の皆さまが所属クラスの枠を超えて交流し、英語の発信力を高めるための自主勉強会を土曜日の午後に開催しています。

英語力に応じて幅広く参加いただけるよう、レベル別に2部構成としております。

自主的な発言力を養い、学習意欲を高めたい皆さんのご参加をお待ちしております!
※サークル学習会は自由参加です。ご都合のよい日時のみを選んで参加できます。

A)学習会:中上級者用(13時30分~15時)【定員10名】毎月第1・3土曜日

直前に中級・上級クラスで使用した課題Topic2本 その他、各参加者が提案する自由Topic
※最少3名より開催します。

B)学習会:初級者用(15時30分~17時)【定員10名】毎月第2・4土曜日

瞬間英作文・中学英文法などの基礎訓練教材
または初級クラスで使用した課題Topic2本 その他、各参加者が提案する自由Topic
※最少2名より開催します。

グループ学習会の活動内容 ~チェア(進行役)係からのご報告より~

notebook-bookmark-iconここでは、中上級レベルの自主勉強会について、チェアからのレポート形式でご紹介します。
※チェア:学習会の進行係やリーダーを務める受講生です。毎回、参加者が交替で担当します。

9/10(土)サークル学習会レポート【中上級編】

■ 時間:13:30~15:00 ■参加者:4名
■ 中級課題トピック:Trump employee apologizes for plagiarizing Michelle Obama speech
——————————– (ミシェル夫人の演説盗用でトランプ陣営が謝罪)
■ 初級課題トピック:UAE tells citizens not to wear national dress abroad
——————————– (UAEが国外で民族服を着用しないよう国民に指令)

nbc-fires-donald-trump初めてご参加のメンバーに自己紹介をしていただきました。

わたしたちのグループは、いつもの What’s new? から始まります。話題は、韓国旅行、”三国志”、”シン ゴジラ”でした。

さて、どれが誰でしょうか?? シン ゴジラは、Japan-US treaty も関係する、なかなか考えさせられる映画らしいですよ。

Topic 2題には、どちらも ドナルド・トランプが絡んでいましたので、秋のアメリカ大統領選にも話題が及びました。

8/6(土)サークル学習会レポート【中上級編】

■ 時間:13:30~15:00 ■参加者:5名
■ 上級課題トピック:Imperial abdication (天皇の生前退位)
■ 中級課題トピック:Euro politicians told to stop speaking English(ユーロ圏の政治家に英語はご法度)

european-union-flag-iconもともと皆さんは積極的な姿勢で臨まれている方ばかりなので、5名ともなると誰かがエスコートして会話を促すというようなことの必要性は全く感じませんでした。すでに何度もお互いにお会いしているので緊張感もなく終始和やかな雰囲気でした。

前回の反省を踏まえて今回は What’s New? を一人5分ぐらいの目安で時間を振り、残りの時間を本題のトピック2本に充てるようにしました。

1本目のトピックは天皇陛下の生前退位について、2本目は欧州会議での共通公語としての英語についてでした。

いつものようにそれぞれのトピックについて参加者から発言が出て良かったのですが、ひと通り皆さんの発言が済むと、それ以上話しが発展していかないことに気が付きました。

これは、私たち日本人が他人との討論を好まない国民気質と子供の頃からディベートの訓練を受けてこなかったことに原因があるように思います。 この辺りが、このサークル学習会の今後の課題なのかも知れませんが・・・

-代表講師Akiのコメント-

illustrationわかりやすいレポートありがとうございます。今回もレギュラー体制?で盛り上がったようですね。

話が発展していかない、というご指摘、私は現場にいなかったので詳細はわかりませんが、次のいずれかの状態をさしているのでしょうか。

1)皆がほぼ同様の意見を持っていて対立しないため、白熱した議論になりにくい。
2)順番に発言する形式になり、自由な言葉のキャッチボールが起きない。

1)について:参加者の考え方が似通っているのはありうることなので、事前にリサーチして情報量を増やしておくことで新鮮味が増すかと思います。または、あえて「賛成派・反対派」に分かれたディベート形式で意見を戦わせてみる手もありますね。その場合は事前にグループを分けておく必要がありますが。

2)について:こちらは茅ヶ崎英語の授業でもよく見られる現象ですから、参加者が自主的に発言する意識を高めるしかないですね。発言する人としない人に分かれる場合は、発言の少ない人に好きなトピックを選んでもらう配慮をすれば、「この話題には関心が薄いから発言できない」という消極的な言い訳を封じることができます(^^;

いずれにしても、中上級の皆様が自主勉強会を継続しながら改善をめざしている、という状況自体がすばらしいと感じています。