「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・中級」と「時事英会話ディスカッション・中級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。 

Breaking News  21st November, 2016  
 Emergency junk food flown to earthquake town

  1. The residents of a town cut off by last week’s New Zealand earthquake / have received a somewhat unusual but welcome air delivery – / enough fast food to feed a small army.
  2. The mercy mission to the town of Kaikoura / was organized by a plasterer / from the town of Nelson / 130 kilometres to the north.
  3. Robert Coombes, 49, spent three days / gathering donations from people / and bought as much fast food as he could with the cash.
  4. He filled a friend’s light aircraft / with 400 pieces of Kentucky Fried Chicken, / 300 McDonald’s burgers, / 50 Domino’s pizzas, / and hundreds of candies.
  5. His cargo of tasty treats landed in Kaikoura / in time for lunch on Friday. / Kaikoura was the town / worst hit by the magnitude 7.8 quake.
  6. Coombes explained to reporters / that he wanted to “put a smile on people’s faces, / even if it’s only for one day”.

【単語と語句】 mercy(名)慈悲・情け      plasterer(名)左官(壁や天井にしっくいを塗る職人)       cargo(名)積み荷         treat(名)もてなし・ごちそう

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. What should you do when an earthquake starts?
2. What do you think of the idea of the fast food delivery?
3. What’s your favorite junk food, and why?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

「地震による被災」と「ジャンクフード」というまさかの組み合わせに、授業では焦点を2つに分けて議論を進めました。

2011年の東日本大震災の影響もあってか、リュックに家族全員の非常食を詰めるなど、緊急事態への備えがきちんとできている方が多数おられて感心。最近はネット通販でも防災グッズが手に入るようです。

ジャンクフードについては、30代以上の受講生のほとんどは「あまり好んで口にしない」という解答でした。

「子ども時代はハンバーガーが好物だったけど、最近は嗜好が変わった」「健康のため、脂っこいものや揚げ物は控えている」という意見の方が目立ちました。

私もさすがにハンバーガーはほとんど食べませんが、ピザやポテトチップスの誘惑には抗いがたいですね・・・。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語中級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!