「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。
※この英文記事はアメリカ大統領選挙の結果が出る前に書かれた内容です。

The Japan Times   Nov 7, 2016
From Operation Tomodachi to Hiroshima visit, exiting Obama viewed favorably in Japan

OBAMA’S JAPAN LEGACY 

  1. On Tuesday, the whole world will be watching as Americans choose their next president.
  2. This year’s election has been one of the most bitter and controversial ever, with opinion polls showing that a majority of voters strongly dislike both Democratic Party nominee Hillary Clinton and Republican Party nominee Donald Trump.
  3. But while many Americans will also not miss departing President Barack Obama, he will leave office as a fairly popular leader in many parts of the world, including Japan.

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1) How do Japanese today generally view Barack Obama?
2) Now that Donald Trump from the Republican Party won the presidential election, do you think he will scrap Obama’s key policies including the Trans-Pacific Economic Partnership Agreement?
3) How will the Japan-US relationship change under the new Trump administration?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

退任を目前に控えたオバマ大統領、就任当時の熱狂ぶりと比べると印象が薄くなった気がしますが、上級クラスのネイティブ講師と受講生にとってはおおむね好感の持てる人物だったようです。

いっぽうで、「日本の安倍総理は実務的でクールなオバマ大統領とはあまり相性がよくない」とも評されています。

このトピックで授業を実施した際、偶然にも安倍首相の真珠湾訪問が決まった直後というタイミングでした。

オバマ大統領との最後の日米首脳会談がこのような歴史的意味をもつことは、今後の日米関係にとってプラスになるように感じます。

安倍総理の真珠湾訪問がもたらす意味については、年明けの授業で改めて取り上げたいと思います。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!