「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・中級」と「時事英会話ディスカッション・中級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。  

 Breaking News 12th October, 2016 Samsung: Don’t use dangerous Galaxy Note

  1. samsung-galaxy-note-7-96Samsung, the South Korean tech giant, / has warned owners of the Galaxy Note 7 / to turn off their phone / after more reports of the device catching fire.
  2. Samsung engineers must now conduct an investigation / into what is causing so many phones to catch fire.
  3. The Korea Times said: / “It is urgent / that the company recover its brand image / and the only way to do this / is to place quality and customer satisfaction above anything else.”

【単語と語句】 place(動)置く

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1.
How could a company like Samsung make such a big mistake?
2. Should Korea’s government step in and help Samsung?
3. How can Samsung recover its brand image?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration受講生の大半がスマホ使用者なので、ギャラクシー・ノート発火事件の衝撃が大きかったようです。

原因の推測として、授業では「アップルなど他社との競争が過熱し、新製品の発売を急ぐあまり、製品の品質管理に手を抜いたのでは」という見立てで一致しました。

さらに、「企業間の競合がないと独占状態になって消費者には不利益だが、行き過ぎた競争も安全軽視のコストカットにつながって危険」という鋭い指摘もありました。

韓国は現在、国家指導者である大統領が窮地に立たされているので、政府がサムスンの救済に乗り出す余裕はないように思えます・・・。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語中級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!