「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。

The Japan Times   Oct 31, 2016
The bright side, and dark, of Japan’s university beauty contests

  1. On Oct. 4, Keio University in Tokyo announced that a student group responsible for organizing its annual beauty pageant had been ordered to disband for conducting “dangerous acts,” including forcing minors to drink.
  2. The announcement was soon followed by news that male members of the group, called the Keio Advertisement Society, gang-raped a female student, although the elite private school later said it was unable to confirm the allegation.
  3. The disbanding of the group caused the Miss Keio Contest, known as one of the most flamboyant university beauty pageants in the country, to be called off this year — and likely for years to come.
  4. What’s all the fuss about university beauty pageants? The Japan Times takes a closer look at how the tradition developed in Japan.

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. What do campus beauty contests mean to students?
2. When are the contests held and what are the criteria?
3. Does everyone support the contests?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

上級クラスのディスカッションは普段、政治経済など堅い話題が多いため、こういうテーマは新鮮味があります。今回の課題トピックは去年の秋に出た英文記事がソースです。

大学主催のミスコンというと華やかなイメージがありますが、レイプ被害が出ているというのは深刻です。

当教室の上級クラス受講生は30~60代の真面目な方が多いため、皆さんがどういう見解をもっているのか興味津々でした。

男性陣の中には「きれいな女性たちを眺めるのが楽しいので歓迎」と本音を語ってくれる人がいるいっぽう、「学業が本分の大学でミスコンとはけしからん」という正統派の意見もありました。

「ミスコンの優勝者がテレビ局の女子アナに採用される傾向をどう思うか」というネイティブ講師の質問に対しては、「能力が同等の候補者が二人いたら、見た目の良いほうが採用されるべき」という考え方と、「テレビ局が顔を基準に選んだりするから、質の低い女子アナが量産されるんだ」と嘆く声の両方が聞かれました。

「女子アナにとって、プロ野球選手と結婚してセレブ生活をするコースが王道」という指摘もあり、なかなか興味深い議論でした。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!