「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・中級」と「時事英会話ディスカッション・中級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。

Breaking News 6th September, 2016 Brown shoes could mean you fail a job interview

  1. brownshoesUniversity graduates / hoping to get a job as an investment banker in London / could be disappointed / if they wear brown shoes to their job interview.
  2. A new report highlights / how the investment banking industry in the UK follows / centuries-old, unwritten rules / about how bankers should conduct themselves.
  3. They wrote: / “For men, the wearing of brown shoes with a business suit / is generally considered unacceptable… / within investment banking.”
  4. The survey suggested / that people from working class backgrounds had to change their behavior / to fit in with bankers / who were from middle and upper classes.
  5. He added: / “It is shocking…/ that some investment bank managers still judge candidates / on whether they wear brown shoes with a suit, / rather than on their skills and potential.”

【単語と語句】 fit in with:~に調和する

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. What experience do you have with job interviews?

2. What’s the best way to pass interviews?
3. What kind of clothes are best to wear at an interview?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

「就職面接時に茶色の靴がNG」というのはイギリス金融界の慣習のようです。

☆ ☆ ☆
参考記事【9月2日 AFP】:英ロンドン(London)の金融業界では、上流階級出身者の間で共有されている「不明瞭」な服装規定が求人応募者の見極めに利用されている。たとえば、茶色の靴を公式な場で履くのは非礼とみなされるが、貧しい家庭出身の学生の多くはこの「おきて」を知らない可能性があるという。

「接客を伴う職種では、伝統的な銀行員のイメージや見た目の洗練度が採用基準となることがしばしばある」と報告書は指摘。「年配の銀行員の中には今でも、ビジネススーツに茶色い靴の組み合わせは言語道断と考えている人がいる」と警告している。
☆ ☆ ☆

illustration授業では、受講生自らの面接体験談に花が咲きました。就職氷河期に遭遇した女性が、「結婚したら仕事をやめるの」と面接官に訊かれてむっとした、という話も。

大学生の就職指導をしているという受講生の方から、面接に受かるコツを幾つか授かりました。

「椅子にはゆったりと深く腰掛けること」「面接官が複数いるときは、ひとりに視線を固定するのではなく、ほどよく順に目を合わせること」。なるほど・・・。こういうちょっとした心がけで印象が違ってくるのでしょうね。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語中級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!