「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・初級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。

The Asahi Shimbun   January 28, 2017
Kisenosato gets a big crowd for ‘dohyoiri’ ritual at Meiji Shrine

  1. Thousands of sumo fans thronged Meiji Shrine in central Tokyo on Jan. 27 / to watch new yokozuna Kisenosato perform his first “dohyoiri” (ring-entering) ceremony there.
  2. Kisenosato, / who was promoted to sumo’s highest rank from ozeki on Jan. 25, / gave an “unryu” performance, / one of two styles of dohyoiri, / that he dedicated to the shrine’s deities.
  3. Kisenosato, who won his first championship this month / in the New Year Grand Sumo Tournament in Tokyo, / will make his debut as the 72nd yokozuna / in the Spring Grand Sumo Tournament / to be held in Osaka from March 12.
【単語と語句】 ritual(名)儀式      throng(動)詰めかける      dedicate A to B:AをBに捧げる       deity(名)一神教の神       championship(名)大会・大相撲の場所       the New Year Grand Sumo Tournament:大相撲初場所       hold(動)開催する -held-held        favorite(形)好みの

Questions for Discussion
1. Why did so many fans come to Meiji Shrine to see Kisenosato?
2. Why are most yokozuna sumo wrestlers from foreign countries now?
3. Do you have any favorite sumo wrestler or athlete from other sports? Why do you like him/her?

 授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

日本の文化や風習を英語で説明するのは意外と難しいですね。そもそも日本にしか存在しない物に対しては、ぴったりの英単語がないことも多いからです。

そういう場合は、「盆踊り」=「bon-odori dance」(盆踊りというダンス)、「松茸」=「matsutake mushroom」(松茸と呼ばれるマッシュルーム)のように、「一種の~」とカテゴリーを示す言葉で説明しておけば、外国人はひとまずイメージをつかんでくれます。

日本語の「bon-odori」だけだと「踊り」だということが伝わらないので、意味がわかりにくくなってしまいます。

今回の課題トピックで登場する大相撲に関しては、同じ格闘技のレスリングに例えて、「相撲」=「sumo wrestling」(相撲というレスリング)「力士」=「sumo wrestler」(相撲のレスラー)でよいと思います。

日本語の「奉納土俵入り」はくだけた表現にすると「初の土俵入り」なので、英語では「first ring-entry ceremony」でOKです。

また、最近は外国人力士が日本国籍を取得して日本人になるケースもあるため、稀勢の里の横綱昇進を「Japanese(日本人の)sumo wrestler」ではなく「Japanese born(日本生まれの)sumo wrestler」として久しぶり、と表現している英文記事が多く見られました。

初級クラスの受講生にとって、このトピックは日本文化を英語で表現するよい練習の機会となりました。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語初級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!