「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・初級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。 

Breaking News   27th November, 2016 
Low social status bad for health

  1. A new study shows / that having a low social status / can be bad for our health. / The study was on monkeys.
  2. Researchers from Duke University in the USA / looked at the behavior and health of 45 female monkeys / and found / that those with a lower social status had more health problems.
  3. The monkeys were split up into five groups of nine. / The researchers gave the monkeys in each group / time to get to know each other.
  4. Then they took one monkey from each group / and put her into another group. / This meant she was the “new girl” / and was at the bottom of the group.
  5. When scientists checked the health of the monkeys, / they found / that the “new girl” was unhealthier / than the other monkeys.
  6. The researchers said / that although their study focused on monkeys, / the findings could also be true for humans / because we share a lot of our DNA with monkeys
【単語と語句】 status(名)地位    on monkey:サルに関して    be split up:分けられる     get to know:知り合いになる     finding(名)調査結果      true(形)真実の      Q1) What is it like to be:~になるのはどんな感じか

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

Questions for Discussion
1.
What is it like to be the new person in a group?
2. What can governments do to improve our social status?
3.
How can lots of money change your social status?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

課題トピックの英文記事はなかなか興味深い実験ですね。

人生のどこかの時点で、「転校生」や「新入社員」になった経験をお持ちの方が多いのでは? 受講生の皆さんには、そのときの様子を思い出しながら自分の体験を英語で語ってもらいました。

「転職先での初日、職場に赴くと多くの社員たちの前で挨拶するように突然言われてパニックになった」という苦い思い出を話してくれた人も。

私は転職した際、新しい職場での電話対応が怖かった記憶があります。取引先や担当者名を覚えきれず、上司や先輩に転送する際に「○○社の△△さんからです」とうまく伝えられなかったからです。

人生の転機になった時期の出来事は時間が経っても覚えているものですね。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語初級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!