私が2005年からかれこれ10年以上続けている英語学習メルマガ「日刊2分で読めるやさしい英語ニュース」。

おかげさまで約1万5千人の読者様にご愛読いただいています。

で、このたび、久々にこのメルマガの形式をプチ改訂することになりました。

今までは1回の配信につき「やさしい英語ニュース」を1本、週に2日の頻度だったのを、今週からは1つの英語ニュースを2回に分けてお届けする形となりました。

1日目は「Input編」で、まず文の語句と基本構造を理解し、英語を読んで意味を和訳できるようにします。

続く2日目の「Output編」では、前日の英文和訳を復習した後、反訳トレーニングで和文英訳の区切り読みに挑戦します。仕上げに全文をスピード音読して完成です。

ラジオ講座”高校生からはじめる「現代英語」”の構成を参考に

1本の英語ニュースを【Input編】と【Output編】に分ける新方式は、NHKラジオ講座”高校生からはじめる「現代英語」の構成を大いに参考にしています。

このラジオ講座の2日目に登場する「反訳トレーニング」という訓練方法も、実は私のメルマガでは以前から取り入れています。

つまり、英語ニュースを日本語に訳して終わるのではなく、逆に「日本語から英語を再生する」という練習です。これは発信力を養う上でとても効果的です。

伊藤サム先生が提唱されている「反訳トレーニング」という名称がわかりやすくて気に入ったので、メルマガ内でも使用しています。

1つの英語ニュースを【Input編】と【Output編】に分けることで、「週4回の英語ニュース(月~木)」+「週末の復習シリーズ(金)」=週5回の配信となる・・・予定です。

メルマガ「やさしい英語ニュース」の創刊当時と変遷

創刊当初のメルマガ「やさしい英語ニュース」は、解説や学習メニューが少なく、今と比べるとずいぶんあっさりしていたものです。

なので、それほど時間をかけずに準備していたように思います。

それが時を経るにつれて、読者さんのご要望や自分なりの工夫を重ねて現在の形になり、1回の配信準備にどうしても2時間近くかかる状況になってしまいました。

英語ニュースのネタ探しと記事執筆までが大変で、業務の合間に毎日続けることが途中で難しくなり、数年前から月曜と水曜(または火曜と木曜)の週2回発行、という形が続いていました。

当初、そのうち時間ができたら毎日配信に戻すつもりが、ずっとその機会が訪れず時間が過ぎてしまった・・・という感じです。

英語ニュース系のメルマガの中には、少し長めの記事を週刊で配信しているタイプもあるため、別に週2回でもいいのでしょうが、「日刊2分で読めるやさしい英語ニュース」という名前に込めた創刊時の思いを変えたくなくて、今回のプチ改訂につながった感じです。

毎日の日記を書くように、新形式でのメルマガ配信が自分の生活の一部になればいいな、と考えています。今後もご愛読いただければうれしいです。