「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・中級」と「時事英会話ディスカッション・中級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。 

Breaking News  11th November, 2016   
World leaders have mixed reactions to Trump victory

  1. World leaders have congratulated Donald Trump / on his surprise win in the U.S. Presidential election on Tuesday.
  2. Other leaders were a little less warm. / Mr. Trump defeated his rival Hillary Clinton / to become the USA’s 45th President.
  3. He will take office on January 20, 2017. / He will then be aged / 70 years, 7 months and 6 days. / This means / he will be the oldest person to become President.
  4. Russia’s president Vladimir Putin / was among the first to congratulate Mr. Trump.
  5. Germany’s Justice Minister tweeted: / “The world won’t end, / but things will get more crazy.”
  6. Japan’s Prime Minister Shinzo Abe said: / “Hand in hand with Mr. Trump, / we will try to work together.”

【単語と語句】     take office:就任する       

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. What did you think of the US election result?
2. What does Mr. Trump need to do to make America great again?
3. How does your country get along with America?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

11月のアメリカ大統領選でトランプ候補が勝利したのは予想外でした。選挙結果が確定した日本時間の水曜午後、その夜は上級の時事英会話クラスを予定していました。

前日の授業でも顔を合わせたアメリカ人男性講師、彼はクリントン氏の勝利を確信していたのでショックを隠せない様子でした。

私も初の女性大統領誕生に期待していたため、この結果には茫然としましたが、アメリカ国民の選択を受け入れるしかありませんね。

いっぽう、受講生の中にはトランプ支持派もいて、政治経験のない実業家としての彼の手腕に期待しているというご意見でした。

まずは、1月の就任後にお手並み拝見ですね。一部の生徒さんが指摘していたように、「怖いもの見たさ」に近い興味があるのも確かです・・・。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語中級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!