「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・上級」と「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。

   The Japan News October 11, 2016
   Society must help those / who are withdrawing for longer periods

  1. apps-preferences-desktop-user-password-iconThey do not work or go to school / and have no interaction with anyone but their families, / and thus are isolated from society.
  2. When people withdraw from social life, / it represents not only a hardship for themselves and their families, / but is a serious loss to society. / Measures to deal with this problem / should be improved.
  3. Regarding the duration of social withdrawal, / those who have withdrawn for more than seven years / are the single largest group, at 35 percent. / Those who have withdrawn for at least three years / account for 75 percent of the total.
  4. In an attempt to conceal the fact / that a family member is socially withdrawn, / many families hesitate to seek outside help. / It is important / that local residents understand the hardship of such families / and do something to help them.

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1.
Why do you think the withdrawal period is becoming longer than before?
2. Why do you think those who have withdrawn from society are becoming older?
3. Have you heard of any specific person who has withdrawn from society?
 

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration「引きこもり」をひと言で表す英語表現がないため、「people who withdraw from social life」のように状況を説明するしかないんですよね・・・。

とはいえ、この問題は日本だけではなく、欧米でもある程度存在するんじゃないかな、と思います。

上級クラスのディスカッションで持ち上がったのが、まさにこの点です。「引きこもり」は貧しい国や発展途上国、戦禍に見舞われた国では起こりにくく、豊かな先進国で発生しやすい・・・。それはなぜでしょうか。

「自分が外で働かなくても親が養ってくれる経済状況にあり、そもそも1日じゅうひとりで過ごせる個室が存在すること」– この条件を満たさなければ引きこもり状態にはなれないからですね。

受講生の中には、ご近所や親族、知り合いに引きこもりの人がいて親が苦労している、という切実な実例を語ってくれた人もいました。

物質的に豊かな社会でも幸せになれるとは限らず、精神的な疾患を抱えている場合もあるため、やはり社会全体での支えが必要だと感じます。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語プラス・上級」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!