「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・中級」と「時事英会話ディスカッション・中級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は250~300Word程度の長さです。

The Asahi Shimbun   January 30, 2017
With cheaper rate, Tokyo taxis now on par with other capitals

  1. Hailing a taxi in Tokyo just got a whole lot cheaper, / as long as it’s a short hop.
  2. A new rate that essentially halves the previous starting fare / and distance took effect in the central Tokyo area Jan. 30.
  3. Taxis operating in Tokyo’s 23 wards, as well as the suburbs of Musashino and Mitaka, / now have a cheaper starting rate / than in any other urban locales in Japan.
  4. The new fare is set, / at the discretion of the operator, / between 380 yen ($3.30) and 410 yen for the first 1.052 kilometers, / although the majority of them have chosen 410 yen. / The previous starting fare, 730 yen, / covered the first 2 km.
  5. The number of taxi users has fallen by 30 percent over the past 10 years, / according to the transport ministry, / and this has hit drivers and operators hard.
  6. The industry is hoping / the new rate will appeal to the growing number of foreigners visiting Japan / ahead of the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.

【単語と語句】  on par with:~と同等で         locale(名:仏語)場所           at the discretion of :~の自己判断で

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. What do you think of cheaper taxi rates for a short distance trip in Tokyo?
2. In which occasion and how often do you use a taxi?
3. Do you think the new taxi rate will appeal to a large number of people?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

東京23区のタクシーの初乗り運賃が値下げされる、という英文記事です。「初乗り運賃」は英文中の「starting rate」のほか、 「minimum fare」「initial fare」などの表現もあります。

「より手軽な初乗り運賃でタクシーを利用しそうな人は?」という設問に対し、授業では「外国人観光客」や「高齢者」という答えが挙がりました。

「外国人観光客」は本文中の「foreigners visiting Japan」のほか、もっと簡単な表現で「foreign visitors」や「foreign tourists」でもOKです。

また、「高齢者」をそのまま「old people」と呼ぶのは文字通り「年寄り」という語感を与えるため、「elderly people」もしくは「senior citizens」とするほうが好印象です。

受講生の皆さんがタクシーを利用するのは、主に「飲み会の帰り」や「終電を逃したとき」のようです。

ちなみに「タクシーは便利」と英語で説明する際、うっかり「A taxi is convenience.」としないよう注意しましょう。どこが間違いかおわかりですね?

ここでの「便利」は正確には「便利だ」という意味ですから、名詞の「convenience」ではなく形容詞の「convenient」を使って、「A taxi is convenient.」と表現すべきですね。

逆に、日本語の「コンビニ」を英語で表すときは「a convenience store」となります。形容詞を使って「a convenient store」とすると、「便利な店」という意味になってしまいます。

課題トピックのディスカッションでは、こうした「知らずに間違うと誤解を呼ぶ表現」をスピーキング練習の中で学んでいきます。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語中級プラス」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!