「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。

The Japan Times Oct 11, 2016
Toxin levels are low, but jury out on long-term risks at Toyosu market

  1. 2-fish-iconA storm over soil pollution and corner-cutting at the site chosen to host the Toyosu wholesale food market has centered on the presence of toxins in water that could be hazardous to human health.
  2. On Sept. 29, the Tokyo Metropolitan Government said it had sampled two carcinogens at levels slightly above the legal limit for drinking water.
  3. The toxins were found in groundwater at three locations at the planned food market in Tokyo’s Koto Ward.
  4. What do the regulated limits mean? Does exceeding them pose a hazard to human health?

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1) What chemicals were detected and at what levels?
2) Do the levels pose a danger to humans?
3) Is it excessive to apply tap water standards to Toyosu?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration

連日のようにメディアで報じられている豊洲市場への移転問題ですが、関西の住民にとっては、これが全国区のニュースとして話題になるのが少々不思議に映るようです。

授業では「もし今、小池知事が就任していなかったらどうなっていたのか」「豊洲への移転が予定通り行われ、問題が発覚せずに終わっていたのでは」という趣旨の議論がなされました。

確かに、舛添知事のままだったらその可能性が高かったでしょうね。
ただ、もし豊洲市場が開いた後で健康被害が発生していたら、と思うとぞっとします。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!