英語力を仕事や国際交流に生かしたい方、留学・海外赴任を控えている方! 時事問題を議論できる本物の発信力を養いませんか

2)中学英文法の瞬間英作文

基礎トレーニングのメニュー その2) >> 中学英文法の瞬間英作文

girl-chuckle-icon日本人は一般に「英文法に強い」といわれますよね。確かに「前置詞や接続詞の意味を日本語で説明し、英文の意味を和訳する」のが上手な人は多いかと思います。

では逆に、簡単な日本語を英文に訳す作業はどうでしょう。ここで大事なのは「辞書を引いたり考え込んだりすることなく、瞬時に英語で言えるかどうか」という点です。

残念なことに、日本人の話す英語は中学校レベルの文法ミスが非常に多いのです。それも初心者だけに限らず、中級以上の人にもあてはまる傾向です。よくある間違い例を具体的にみていきましょう。

間違い例1)“It was happened yesterday.”

「happen」は目的語を取らない自動詞なので受け身にするのは変ですね。「それは昨日、起こられた」みたいな妙な意味になってしまいます。正しくは ”It happened yesterday.” ですね。

間違い例2)“He was sickness.”

 「彼は病気だった」という意味で日本語では違和感ないのですが、この英文では「彼=病気そのもの」となり、まるで彼自身が病原菌であるかのようなニュアンスになってしまいます。英語ではこの場合、「病気の状態だった」と言いたいわけですから、”He was sick.”と形容詞を使います。

間違い例3)”Did she busy last night?”

 「busy」は「忙しい」状態を指す形容詞ですが、この例では動詞と間違えて使っています。「Did」は一般動詞の疑問文に使用する代名詞なので、よく見るとこの文には動詞がありません。正しくはbe動詞を入れて”Was she busy last night?”ですね。

なぜ英文法が得意なのに話すことが苦手なのか?

DZ158_L学校英語では、辞書を引かなければ理解できない「複雑で長い英文読解や英作文」に追われがち。

覚えた表現や文法を使って簡単な英文を作る練習をしないから、正しい英文法で話せないのは当然です。

TOEIC700点以上の中上級者でも、英会話に基礎的な文法ミスが非常に多いという嘆かわしい現状です。

この状態のまま英語で議論してみても、「文法の崩壊した自己流英語」から抜け出すことはできないでしょう。

残念ながら、ブロークン英語は自然に直るものではありません。これを解決するには「中学英文法の瞬間英作文」を毎日継続すればいいのですが・・・。

大人になってから中学英文法の復習なんて退屈だし面倒、と思われましたか? 独学で続けるのは確かに根気がいりますが、仲間がいれば違います。

当教室の対策 >> 中学英文法の瞬間英作文で英語回路を構築!

meeting01ニュース英語サロンの授業では、冒頭の準備運動として数分間、瞬間英作文をクイズ感覚で取り入れています。

毎回の出題範囲はほんの数ページですから、日ごろの自宅学習で習慣づけておけば簡単に答えられるはずです。

ただし、中学英文法を侮ってはいけません。自分では見逃しがちな「ちょっとカッコ悪い勘違い」が意外とあるものです。

これらのミスをいち早く洗い出し、修正するのが講師の重要な役割です。

基本例文で反復練習を徹底し、「深く考え込まず、頭の中で正確に瞬間英作文できる英語回路」を養うのがこの訓練の目標です。

自己流のブロークン英語から脱却するために、クラスメイトたちと一緒に瞬間英作文を継続していきましょう。

※参考:「瞬間英作文」は同名の人気書籍を多数発行中の森沢洋介先生が提唱されているトレーニング法です。



開講コースの種類と授業の流れがひと通り理解できたら・・・

Step1: 疑問点や確認事項をお問い合わせ

【希望者のみ】 授業や受講システムについて、もし疑問点や不安なことがありましたらメールかお電話で気軽にご質問ください。「自分の英語力でついていけますか」「初級と中級のどちらかで迷っています」など、何でもOKです。スクール代表のAkiが丁寧にお答えします。

blue

Step2: 無料レベル判定テストをご提出

pen100【希望者のみ】 体験クラスのレベル選択を迷っている方、現在の英語力を客観的に診断したい方のためのオプションです。簡単なレベル判定テストをご提出いただきましたら、答案を添削し、弱点補強のためのアドバイスを添えてご返送します。

blue

Step3: 体験レッスンのお申し込み

master100-1現在の英語力とご関心に最も近いクラスをお選びください。受講生の皆様と一緒に実際の授業にひと通り参加いただいた後、個別カウンセリングで具体的なアドバイスをいたします。

blue

Step1: 疑問点をお問い合わせ

Step2: 無料レベル判定テスト

Step3: 体験レッスンご予約

代表講師ブログ

月別アーカイブ

受講生専用サイト

PAGETOP