フジテレビのバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」で性的少数者(LGBT)への差別があったとされるこの騒動・・・。

少し前からネットニュースの見出しでよく見かけていたので(何なんだろう??)と気になっていました。

バラエティー系の番組はほとんど観ないので、番組の中身はわかりませんが、物議をかもしているのはこの動画のキャラクターですね。

上の映像は約30年前に放送されたテレビ番組の一部のようです。見るからにレトロな画面で時代の流れを感じます・・・。

タレントの石橋貴明さん演じる問題のキャラは動画の8分40秒過ぎに登場します。

最初、すぐに出てくるのかと思ってしばらくドタバタ劇を眺めてましたが、動画が15分もあることに気づき、途中から早送りして登場場面を探しました(^^;

この人物を先日の「30周年記念SP」で久々に復活させてウケを狙ったところ、逆に大バッシングをくらった・・・というわけですね。

(まあ、そらそうなるやろ。放送する前にわからんかな~)というのが正直な感想です。

この手のコントを観た記憶がかすかにありますが、昔はこういう設定がOKだった、というのが驚きです。

要は、世間の感覚とテレビ局側の認識にズレがあるってことでしょうか。そもそも、視聴者から抗議を受けたから謝罪するんじゃなくて、企画段階で気づいてほしいんですが。

性的少数者に限らず、他人の身体的特徴をからかう趣向のお笑い系番組やコント、なんとかなりませんかね。ああいうのを観た子どもが面白がってマネするから、学校でのイジメにつながっているのでは?

こうした身近な問題に対して自分の意見を持ち、英語で話せるようになると発信力が伸びると思います。

※この記事はメルマガ「日刊2分で読めるやさしい英語ニュース」の編集後記を一部改訂したものです。