「茅ヶ崎方式ニュース英語プラス・上級」と「時事英会話ディスカッション・上級」で取り上げた課題トピックの概要をご紹介します。事前に配布した英文記事を題材に、クラスでは関連設問のスピーキング訓練を中心に進めます。

※ここでは記事サンプルとして一部のみを抜粋しています。実際の記事は650~800Word程度の長さです。 

   The Japan News September 02, 2016
  University entrance exam reform must be for benefit of test-takers

  1. test-paper-iconThe Education, Culture, Sports, Science and Technology Ministry has released a concrete proposal / to replace the National Center Test for University Admissions from the 2020 academic year. /
  2. The new test, / which has been created with input from university and high school officials, / has tentatively been named / “the academic assessment test for people wishing / to enter university.”
  3. Short-answer questions will be introduced / for the subjects of Japanese language and mathematics. / Privately run tests will be used / to measure English speaking and writing ability. / These are among the main features of the new exam.
  4. The Center Test, / which only uses a multiple-choice format, / has been criticized / for being unable to properly measure a test-taker’s level of understanding. / Universities also have stressed / that some students lack basic writing skills.

【単語と語句】 tentatively(副) 一時的に

英文記事サンプルの内容がだいたい理解できたら、次の各設問に対する意見を英語で表現してみましょう。
※ここでは例として設問の一部のみを抜粋しています。

– Questions for Discussion –
1. Which do you think is better, the new academic assessment test proposed by the education ministry, or the current National Center Test?
2. What kinds of privately run tests should be used to measure English speaking and writing ability?
3. Did you think university entrance examinations should be reformed when you were in high school?

授業の講評 ~グループ・ディスカッションを終えて~

illustration「記述式の問題」を英語では「short-answer question(s)」と表現するんですね。直訳ではないので意味のわかりにくい箇所だったようです。

いっぽう、「多項選択式の問題」=「multiple-choice question(s)」は日本の各試験でよくある問題形式ですね。いわゆる、複数の項目から正解を1つ選択する方法です。

「多項選択式の問題」のみの試験はマークシートで塗りつぶすだけで済みますから、機械で速く大量に処理できて経費を抑えられ、結果がすぐに出るという利点があります。

意見や論旨を述べるなどの記述式問題は人の手で主観的に判断するため、人件費がかさんで採点に時間がかかります。

ただ、知識の詰め込みだけでは思考力が身につかないので、文章を書く訓練を学校でもっと取り入れ、試験で評価する方向には賛成です。

上級クラスのディスカッションでは、「記述式問題を増やし、従来の選択式問題とのバランスを保つ」という見解でほぼ一致しました。

授業での「課題トピック」の位置づけと効果

「茅ヶ崎ニュース英語プラス・上級」では授業の仕上げ段階で課題トピックを使用し、日本人講師が指導します。

「時事英会話ディスカッション・上級」では課題トピックが授業のメインとなり、ネイティブのプロ講師がグループ・ディスカッションをリードします。

基礎トレーニングから始まる授業カリキュラムをこなすうちに、英文読解力とスピーキング力の両方がめきめきと上がっていきますよ。向上心の強いクラスメイトと刺激し合いながら、一緒に取り組んでいきましょう!